セスキ炭酸ソーダの使い方

セスキ炭酸ソーダとは?

セスキ炭酸ソーダとは、重曹に似た、白い粉で、お洗濯や、キッチン周りのお掃除や

お部屋を綺麗にする時に使います。

お掃除の時にもすごく便利なんですが、なんと、血液汚れまで綺麗にする事ができます!!

最近、息子が、よく鼻血を出して、服を汚すんですが、セスキ炭酸ソーダがあれば

すぐに、汚れを落とすことができ、本当に助かっています。

主婦の方必見のセスキ炭酸ソーダの使い方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

セスキ炭酸ソーダの使い方

セスキ炭酸ソーダは、粉なので、使いやすいように、液体にします。そして

『セスキスプレー』として使います。

セスキ炭酸ソーダは、百円均一などで、『アルカリウォッシュ』と言う名前で売られて

いるものもあります。セスキ炭酸ソーダを用意したら『セスキスプレー』を作ります。

作り方は、まず、スプレー容器に水500ml入れます。次に、セスキ炭酸ソーダ

を小さじ1杯入れます。そして、容器を振ってまぜ合わせます。。。以上

とっても簡単に作れます!

セスキ炭酸ソーダの用途別の使い方

*キッチン周りの使い方

油汚れが、一番すごいのが、ガスコンロや、その周りの壁、換気扇です。

ガスコンロは、セスキスプレーを吹きかけて、数分置いておき、ふきとります。

壁や換気扇も、同じように、セスキスプレーを吹きかけて、ふき取ります。

壁の油汚れは、しみこんでいる場合があるので、セスキスプレーの、濃度を濃いめに

して、布で、しっかりこすると、ある程度汚れが落ちます。

*血液汚れ・衿、袖汚れ

汚れた箇所に、スプレーして、数分置いておき、汚れを洗い流してから、洗濯機で、普通に

洗濯する。

*シンク・排水溝などのぬめりとり

こちらも、スプレーして数分おき、スポンジで磨く。なんと、消臭効果もあるんですよ!

*浴槽・トイレ

こちらも、浴槽内にスプレーを吹きかけるか、スポンジにしみこませて、磨くと

綺麗になります。

*ドアノブ・スイッチ

乾いた布に、スプレーし、汚れた箇所を拭きとる。

セスキ炭酸ソーダは、ここが苦手

基本的に、血液・皮脂汚れに強いのですが、ひどい油汚れや、泥汚れには、あまり

向いていません。こちらに関しては、専用の、石鹸や、洗剤を使いましょう。

まとめ

お安く手に入り、しかも、時短でお掃除が出来るので、はねっこも、セスキ炭酸ソーダ

は、手離せません。でも、何にでも使える訳ではなく、畳や木、アルミなどに使うと

黒くなったり、黄色いシミになったりするものもあるので、注意しましょう。

セスキスプレーで、あなたも家事の時短に挑戦してみては?

スポンサーリンク

 

シェアする

フォローする

コメント

  1. chanco より:

    昔々、はねっこに教えてもらってから、キッチンに常備してるー!あれ、本当にいい!高い洗剤を買わなくても出来たから、本当に素敵な情報だったよー!
    しかも!洋服の汚れや、血も落ちるのは初耳!我が家の娘がよく鼻血をだして布団を汚すから、やってみるー‼︎

    • hanekko より:

      セスキは、本とに神です!

      最近、りゅうも鼻血だして、布団についたけど、スプレーしみこませたら

      綺麗におちたよ!一瞬だった。やってみて~!^^