虫除けで子供も安心して使える神アイテム!バジャーの効果に大感動

毎年、夏が近づいてくると何だかテンションが上がる私です。

でも、その上がったテンションを容赦なく下げる輩がいます。

それは、虫!ヾ(´Д`;●)

あたたかい季節になると、虫が動き出すんですよね~。

虫の中でも厄介なのは、です。(*`・ω・´)

子供が外に遊びに行ったら体中刺されて帰ってきますから。それはもう、ひどい時は20か所位刺されて帰ってきたこともあるんですよ。

だから、虫よけスプレーをマメにしたり、夏でも長袖長ズボンを着せたりと、何かしら対策をしていたんですが、イマイチどれも効果がなくて、結局、毎年蚊に噛まれすぎて皮膚科に通うのを繰り返していました。

だから小さい子供にも使えて、何かいい虫除けはないかと探していたら、ものすごい神アイテムに出会ったんです!

その名は、バジャーという虫除けで、もうほんとに、ビックリするぐらい効果があるんです。

それ以降、虫除けはバジャー1つに絞って家族みんなで使っています。

なので今回は、うちの家族の定番になった、虫除けの【バジャー】のお話をシェアしていきたいと思います。

子供にも使えて効果のある虫除けをお探しの方は、是非ゆっくり見て行って下さいね!

スポンサーリンク

 

子供が蚊に刺されなくなった最強の虫除け!バジャーとは?

去年、ネットで探して見つけたのがこの虫除けです

バジャープロテクトバームスティック

バジャーバームスティックの特徴

  • アメリカ・オーガニック認定済みなので子供も使えて安心
  • 成分は、オリーブオイル・ヒマシ油・ビーズワックス(蜜蝋)・エッセンシャルオイル(シトラネラ、シダー、レモングラス、ゼラニウム、ローズマリー)
  • 1歳以上の赤ちゃんから使える

【アメリカ・オーガニック認定とは?】

厳しい規定によりUSDAオーガニックと認定されたものの事。

オーガニックとは?・・・・化学肥料や農薬を使用しない野菜や、添加物を入れていない食料品などをさす言葉です。

アメリカでは、農務省(USDA:United States Department of Agriculture)傘下の全米オーガニックプログラム(NOP:National Organic Program)という制度により、オーガニック食品の認証が行われています。

NOPでは、オーガニックの定義を以下のように定めています。

「オーガニックとは、認可された手法で生産された食品、あるいはその他農業製品のことを指す、表示用の用語である。その手法とは、資源の循環を育み、生態系のバランスを整え、生物多様性を保護することが可能な、文化、生物、機械を使用して行う農法を取り入れたものである。合成肥料や下水汚泥、放射線照射、遺伝子操作は使用してはならない。」

引用元:「nygreenfashion.com」

こちらをネットで発見して、とっても高評価だったので、即購入しました!
これは、虫除けと言ってもスプレーじゃなくて、お肌に直接塗るスティックタイプのものです。

スポンサーリンク

バジャーバームスティックの使い方と感想は?

使い方

スティックタイプなので、蓋を回して少しずつ繰り出して使います。

バームを少し出したら、手や足にまんべんなく塗っていきます。けっこうテカテカします。

ちなみに顔にも塗れちゃいますよ~。ぬりぬり~。

使ってみた感想は?

  • 塗ると、ベタベタ感がすごい
  • 香りが強いので人によっては好き嫌いが分かれそう
  • スプレーじゃないので周りの人を気にせず使える
  • スプレーより効果が持続するので塗りなおす回数が少なくて済む
  • 全く蚊に刺されなくなった

バジャーバームスティックの効果はほんとにすごいです!全く蚊に刺されなくなりますよ。子供が蚊に刺されるという方にはほんとにおすすめです!

しかも、お肌に塗り込むので、スプレーより効果が長持ちするんです!なので、おすすめなんですが、子供がベタベタ感を嫌がったのでスプレータイプも購入してみました。

スポンサーリンク

そして、今年、購入したのがこちら

こちらは、一般的なスプレータイプのものです!

バジャープロテクトシェイク&スプレーの特徴

  • アメリカ・オーガニック認定済みなので子供も使えて安心
  • 成分は水、ダイズ油、ヒマシ油、コウスイガヤ油、アトラスシーダー樹皮油、レモングラス油、ローズマリー油、セイヨウハッカ油、ニオイテンジクアオイ油、ローズマリーエキス、ヒメコウジ葉油
  • 1歳以上の赤ちゃんから使えます

こちらは、バームではなく、スプレータイプなので、子供も嫌がらずつけてくれてやっぱり使いやすいです!

バジャープロテクトシェイク&スプレーの使い方と感想は?

使い方

手足にスプレーします。

さすがに、顔には直接スプレーできないので、自分の手にスプレーしたものを子供の顔にペタペタする感じです!

使ってみた感想は?

  • スプレーするだけなので簡単で使いやすい
  • バームよりも香りがやわらかい
  • 持続力が弱いので、何度かスプレーし直す必要がある

バジャーのバームとスプレーは比べると、それぞれの長所・短所があるものの、とにかく効き目がすごいです。ホントに蚊に刺されないんです。

そもそも、何でこんなに強力な効き目があるのか?という事が気になったのでそこも調べてたので次の章で詳しくお伝えしていきますね!

バジャーの虫除けはどうして効果が高いの?

これ、ものすごく気になる所ですよね。

イメージ的に、オーガニックと聞くと、市販の物より【効果がなさそう】という感じがしませんか?

天然由来の成分ってそんなに効果なさそうと私も思っていました。でも、市販の物より効果が高い理由は、こういう事でした!

まず、冒頭でもお伝えしたように、バジャーはアメリカ初のオーガニックコスメです。

そして、バジャー社の製品には(USDA米国農務省)のオーガニック認定成分が95%~100%使用されているんです。

「植物は体を癒すがケミカルは混乱させる」、という考えにより、「バジャー社」のすべての製品は化学薬品を一切使わず天然100%。

さらに「バジャー」の製品が、抜群のスキンケア効果を発揮する理由は、ほとんどがオーガニックの原料を用いて製造されているため。贅沢なオーガニック・エクストラバージンオイルをベースにして、オーガニックの植物エキスやハーブ、オーガニックのエッセンシャルオイルをブレンドしています。

引用元:アイシス「オーガニック生活便」

バジャーの製品は、オーガニック成分の純度が高いという事なので、効果も高いんです!

という事で、バジャーの虫除けは、とても効果があるという事がおわかりいただけたと思います。
調べていた私も納得しましたv(*´∀`*)v

そんな虫除けの効果が高いバジャーのバームとスプレーですが、お肌にぬると少しベタついたり効果を持続させるために、スプレーし直す必要があったりとそれぞれ長所と短所があります。

なので、うちではこの2つをうまく使い分けて、蚊に刺されるのを防ぐと共に、お値段も高いのでそれぞれを少しずつ使って持ちをよくしています(* ´艸`)

ちなみに、うちでの使い分けはというと・・・

バジャーバームスティックはいつ使う?
  • キャンプなどのアウトドア
  • 子供の外遊び
  • 幼稚園・小学校に行く前に

バジャーバームスティックは、持続力が長いので、基本的に子供と長時間離れる時や、キャンプなどの虫が多い場所に行った時は必ず使います。

バジャープロテクトシェイク&スプレーはいつ使う?
  • 子供が習い事に行く時
  • ちょっとだけ公園で遊ぶ時
  • 基本的には、外で子供と一緒にいる時に使います。すぐにスプレーできる時に使います。

    バジャーのバームとスプレーは、使う場所や使い方を変えてうまく使えば長持ちします。どちらも、虫刺されには効果絶大なのですごくおすすめです!

    気になる方はぜひいちど使ってみてはいかがでしょうか?

    スポンサーリンク

    ちなみに、うちの外での虫除け対策はバジャーシリーズになりましたが、室内でも対策は万全です!室内での虫除け対策についてはこちらから

    あたたかくなってきたら、容赦なく現れる【蚊】 トイレやお風呂等の逃げられない密室にいる時やはたまた寝ている時・・・・私たちの癒...

    まとめ

    虫除けのおすすめとして、子供にも使えて効果があるバジャーの虫除けのお話をしてきました。もう一度内容をおさらいしておくと・・・

    • バジャーバームスティックとスプレーがおすすめです
    • アメリカ・オーガニック認定済みなので子供も使えて安心
    • 1歳以上の赤ちゃんから使えます
    • バームスティックは、塗った時のべたつき感があって香りが強い
    • バームスティックは、スプレーより効果が持続するので塗りなおす回数が少なくて済む
    • バジャープロテクトシェイク&スプレーはバームよりも香りが柔らかく使いやすい
    • 子供と一緒に居れる時はスプレー・長時間離れる時はバームがおすすめ

    子供にも使えて蚊に刺されない最強の虫除けは、バジャーのバームスティックとスプレーでした。

    この虫除けを見つけて以来、ほとんど虫に刺される事がなくなりました。

    子供が蚊に刺されるとすごく腫れてかわいそうな事になりますよね。最強の虫除けで家族のお肌を守ってあげたいですね!

    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする