クリスマスリースの意味って?飾る期間や気になった事を調べてみた!

12月に入ると、一気にクリスマスムードが高まりますよね!

我が家でも、12月に入ったら、ツリーを出して、お部屋はクリスマスムードを漂わせます。いつも、ツリーを飾って終わっていたんですが、今年はリースも玄関に飾って、雰囲気を出したいと思っています。

リースを作るか買うかは迷い中ですが、クリスマスリースを飾るにあたり、色んな事が気になってきたんですよね。クリスマスリースを飾る意味って?なんで丸い形?(*・ω・*)ン?

なんか、色々気になる・・・・・・。

という事で、クリスマスリースに関しての色んな疑問を調べてみました!今回はその内容をシェアしていきたいと思います!
良かったらゆっくり見て行ってくださいね╰(*´︶`*)╯

スポンサーリンク

 

クリスマスリースの意味って?

クリスマスリースには3つの意味があります。

  • 幸福祈願
  • 魔除け
  • 豊作祈願

この3つの意味を持っています。内容を詳しく見て行きましょう!

幸福祈願

クリスマスリースには、生命や幸福がいつまでも続きますようにという願いが込められていて、【永遠の環】という意味があります。
ちなみに欧米では、年末だけじゃなく、年明けまでリースを飾るので、日本で言うしめ縄と同じような存在と考えられています。

魔除け

クリスマスリースに使われるヒイラギの葉は、ギザギザでトゲがある事から【用心深さ】【保護】という花言葉があり、魔物や悪い事が入ってこないようにと、魔除けとして飾られてきました。

節分の時に柊鰯を飾って鬼を追い払う!という昔からの習慣もヒイラギのトゲには魔除けの効果があるからだそうです。

豊作祈願

クリスマスリースに、よく、松ぼっくりやリンゴが付いているのを見た事がありませんか?見た目もすごく可愛らしいですが、
果実や麦などを飾るのには、豊作を願うという意味が込められているからなんです。

以上がクリスマスリースの大まかな意味です。今までそんな意味が込められているなんて全く知りませんでした。知らないついでに他にも気になった事があるので、引き続きお話していきますね!

スポンサーリンク

リースはなんで丸い形なの?

クリスマスリースって、丸い形していますよね。あれってなんで丸い形なんでしょうね。三角とか他の形じゃダメなんでしょうか?

と、ふと疑問に思ったので調べてみたらちゃんと意味がありました!どんな意味があるのか見て行きましょう!

丸い形は、【終わりのない】【永遠】と言うのが輪の意味で、リースの輪には永遠の愛を表しています。

リースにそんな深い意味があるなんて知なかったです。
この意味を知ると、リースは丸い輪の形じゃないとダメそうですね。(;・∀・)

ここで、ひとつマメ知識を

check point!

クリスマスリースを手作りする時は、永遠に時を刻むという意味で、時計回りにアレンジすると良いらしいですよ!

クリスマスリースを自作すると、より願いが叶いそうな気がするので作ってみるのもいいですね(●´∀`)ノ

リースを手作りすると言っても、飾りをシンプルにすると、簡単に作れそうですよ!
シンプルでもオシャレなリース作りの動画があったので、作りたい方は参考にしてみてください。

シンプルなリースの作り方はこちらから

はい、ここまでで、クリスマスリースや丸い形の意味もわかったと思います。何だか、飾るのが楽しみになってきました。あとは、リースを用意して飾るのみですが、ここでまた疑問が・・・・・。

クリスマスリースっていつからいつまで飾るんだろう?玄関に飾るって事は、人から見られるという事!間違った時期に飾ってたら、なんか恥ずかしい。

という事で、さいごに、クリスマスリースを飾る期間について調べてみました!

クリスマスリースを飾る期間は?

まず、飾る期間ですが・・・

特に決まりはないみたいです。

でも、一般的な期間はどれぐらいなのかと言うと・・・。

12月に入ってから12月28日のお正月飾りまでの期間です。

★その理由は

  • お正月の飾りつけは12月28日までが良いとされているからそれまでにリースは片付ける為
  • 12月25日が終わると一気にクリスマスムードがなくなるから
  • 日本はそこまで宗教的な意味がないから

などの理由から、一般的なクリスマスリースを飾る期間は、先ほど挙げた期間だと言えそうです。

もちろん、家によって色んな事情があるので、絶対にこの日からこの日までというのは決まってませんが、一般的な期間であれば問題ないですね。

ちなみに、欧米ではアドベントと呼ばれる11月30日に近い日曜日から1月6日の公現日【エピファ二ー】までの期間リースを飾るそうです。

※アドベント・・・イエスキリストの降誕を待ち望む期の事。ドイツ語でクリスマス前の4週間の事を意味します。

※公現日【エピファ二ー】・・・キリストが神の子として、おおやけに世に現われたことを記念するためのもので、主に1月6日の事を表す。

まとめ

クリスマスリースの意味についてお話してきました。内容をおさらいしておくと・・・

★クリスマスリースの意味

  • クリスマスリースには永遠の環という意味があり、幸福が続くようにとの願いが込められている
  • 魔物や悪い事が入ってこないようにと、ヒイラギの葉を魔除けとして飾っている
  • 果実や麦などを飾って豊作を願う
  • リースの丸い形は、【終わりがない】【永遠の愛】と言う意味を表している

クリスマスリースには色んな意味がありました!やっぱり今年は自作のリースを作って、家族の幸せを願おうと思います。気になる方はぜひ、作って見てはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする