壁紙の落書きの消し方は?色鉛筆から油性ペンまで実際に試してみた

子供が、部屋でおとなし~くしているとき。それはだいたい、悪さをしているときなのです(-ω-;)

この、子供の魔のおとなしい時間に壁に落書きしていたことが過去数回あります。そのせいで、うちの賃貸の家の壁が落書きだらけに・・・

賃貸の壁がぁ~・・・・・(●TωT。)ゥゥ・・

と切ない思いをしたことがあるママさんも多いのではないでしょうか?勿論、子供が小さいと壁だけじゃなく色んな場所が汚れるものです。

でも、家を出るときに賃貸だと原状回復が基本なので出来るだけ綺麗にして家を出たいという方もいらっしゃるはず。そして持ち家でも、落書きがいっぱいある壁は早く綺麗にしたいですよね!

でも壁紙の落書きは、書いたものによって、落とす方法も違います。落ちない物で落としても壁紙を傷めるだけです。

なので今回は種類別での効果的な落書きの消し方をお伝えしていこうと思います。今回、実際に試したものも写真で撮ってみたので、ぜひビフォーアフターや効果もチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

 

壁紙の落書きの消し方

まずは、落書きの種類は何があるか見ていきましょう!

  1. 鉛筆・色鉛筆
  2. クーピー・クレヨン
  3. 水性ペン・水性ボールペン
  4. 油性ペン

ではでは、それぞれの落書きを消す方法をそれぞれ説明していきますね!

①鉛筆・色鉛筆

これは、うちの子供にもさんざん色んな壁に落書きされましたよ~(´;ω;`)ウゥゥ

でも、大丈夫!とっても簡単に落とす方法があるんです!鉛筆の汚れ落としは・・・・

  • メラミンスポンジです

メラミンスポンジの鉛筆の落書きの消し方は、めちゃめちゃ簡単で、メラミンスポンジを水で濡らして力を入れずに擦るだけです。力を入れると壁紙がはがれるので、優しくなぞる様に落としてください。

すると、2~3分で綺麗になりますよ~!とっても早いです!

Before

After

はいっ!きれいさっぱり落ちました♪では、次の汚れを落としていきましょう。

スポンサーリンク

②クーピー・クレヨン

鉛筆より少し難易度が上がる感じがしますね。でも、こちらも簡単に落とせますよ~!

クーピー・クレヨンの汚れは鉛筆・色鉛筆と同じくメラミンスポンジでも落ちますが、壁の汚れ消しゴムを使うとより簡単に綺麗に落とせますよ。

今回、こちらを使って消していきま~す!これは、壁の落書き汚れが落とせる消しゴムなんです!ほんとに汚れが落ちるかちょっと半信半疑だったんですが、買ってみました。

ポイントは消しゴムみたいにゴシゴシ消す感じじゃなく、上から下もしくは下から上の一方向だけで軽く擦って消す感じにして下さい。

こちらは、見た目も使った感じもほぼ消しゴムなので、ついついノートを消す感じで壁を強く擦りがちですが、ゴシゴシやると壁紙はすぐに剥がれます。

ちなみに、息子にやらせると消しゴム感覚で力を入れすぎて消してしまって壁がこんなんなりました。

結構ボロボロに・・・・(;・∀・) 子供には力加減が難しそうなので大人がやった方がいいです!

この壁は、はがれちゃいましたが、クーピー・クレヨンの壁の汚れはしっかり落とせましたよ~!

Before

After

ちなみに、この壁の汚れ消しゴムの良いところは、消しカスが、ぽろぽろ下に落ちずに消しゴムに固まってくれる!

しかも、消しカスも大きい塊なんで、もし落ちても掃除が楽なんです!すごく使いやすかったですよ!

では、次に行ってみましょう!((*´∀`))

③水性ペン・水性ボールペン

ペンでの落書きは絶対に落ちなさそうですよね。でも、これも簡単に落とせました。今回使うのはこちら・・・

  • 壁の汚れ落とし消しゴム
  • 歯ブラシ&歯磨き粉

このどちらでも汚れを落とせました!消しゴムは②と同じ要領で汚れを落としてみてください。

歯ブラシ・歯磨き粉を使っての汚れの消し方は・・・

  • いらない歯ブラシに少量、歯磨き粉を付けます。
  • そして優しく擦ってください。
  • 濡れた雑巾・もしくはウェットティッシュで拭き取る
  • 最後に雑巾で乾拭きをする。

この方法で水性ペンは落ちます!

Before

After

スポンサーリンク

④油性ペン・ボールペン

これは、結論から言うと何しても落とせなかったんです(´;ω;`)ウゥゥ

一応、除光液・食器用洗剤・キッチンハイター・消しゴム・メラミンスポンジを試しましたがダメでした。むしろ、シミが広がって汚くなった感じで・・・

だから、消せるものは何かないかとホームセンターに行って、壁紙の落書きを消せるアイテムの売り場をスタッフさんに聞いてみたら、たまたまその人は内装の仕事もやっている方で、油性ペンを消すアイテムを聞くと予想外の返事が返ってきました。

『壁紙に油性ペン・ボールペンで落書きすると消えないよ!無理やり、消そうとしてもにじんで汚くなるだけだから何もしない方がいいよ!』

信じられない返事が返ってきました。まさに今、余計なことをして壁を汚くしてしまったんですよ!!

ホームセンターのおじさん、私はあなたにもう少し早く出会いたかったです(´;ω;`)

という心の声はさておき、その代わりに、隠すものはあるよ!と教えてもらいました。まぁ、プロが言うなら仕方がないので落とすことは諦め、隠すことに変更!

すると、色んなアイテムがありましたよ~!

こちら¥300位で売っている小さい壁紙です。汚れた所に貼り付けるタイプの物です。

これは、うちの壁紙と同じ素材の物がなかったので、今回は、塗って隠すタイプの物を購入しました。

マニキュアみたいに壁に塗るタイプの物です。色は、ホワイト・オフホワイトがありましたが、ホワイトを購入。

塗ってみると・・・・

塗った感丸出しに・・・Σ(゚∀゚;)

色を間違った!となったときに、こちらは他の色を混ぜて調色することが可能だそうです。なので、色が合わないときは混ぜ合わせて自分の壁紙の色に合わせた方が良いですね!

色さえ合えば、綺麗に隠れると思いますよ~!

まとめ

壁紙に落書きされると、綺麗にするのは大変ですよね。でも、綺麗にする方法はあるので汚されたら早めに汚れを落としましょう!
もう一度やり方のおさらいをしていきますね。

  • 鉛筆・色鉛筆⇒メラミンスポンジ
  • クーピー・クレヨン>⇒壁の汚れ消しゴム・メラミンスポンジ
  • 水性ペン・水性ボールペン⇒壁の汚れ落とし消しゴム・歯ブラシ&歯磨き粉
  • 油性ペン⇒落ちないので隠すアイテムを使う(貼る・塗る)

これらの方法で壁の汚れは落とせるし隠せます。なので、もし、家を出るときに少しでも綺麗にしたい方や、とにかく壁の汚れを綺麗にしたい方はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

 

シェアする

フォローする