幼稚園の巾着袋の作り方!初めてでも簡単に作れる方法を伝授します

4月から子供が幼稚園に入園するから楽しみ~!ヾ(o´∀`o)ノ

と嬉しい気持ちもありますが、喜んでばかりはいられないんです!

入園前に、ママはやる事が多い~!しかも、幼稚園で使う袋類の準備が結構大変なんですよね。園によっては、袋が手作りじゃないとダメだったり色んな種類の袋が必要だったり・・・・

ネットやフリマアプリで幼稚園に必要な袋を買おうと思っていたのに、時期が遅くて気にいった物がない。どうしよ~。
私の様に焦っているママさんも多いと思います。(;・∀・)

なので、今回は初心者さんでも簡単に作れる巾着袋の作り方をシェアしていきたいと思います。わかりやすく写真入りで説明していきたいと思いますので良かったら見ていって下さいね~!

スポンサーリンク

 

幼稚園の巾着袋の作り方

今回は、マチなし・ひも片側・裏地なしの巾着袋を作りたいと思います!

こちらです

仕上がりサイズ

★巾着

縦35cm×横27cm ひも片側

今回作るのはこのサイズの巾着袋ですが、長さを変えるだけでいろんな大きさの巾着袋が出来るのでその測り方は後程説明していきますね!

では、まず用意する物からいきますよ~!

★用意する物
布・ひも・ループエンド(ひもの根本につける滑り止めの様なもの)・ハサミ・マチ針・ものさし・チャコペン(鉛筆でも可)・アイロン・ミシン・ミシン糸

check!

幼稚園の巾着袋に関しては、布選びはキルティング以外の普通の布にした方がいいです。幼稚園の年少さんだと、キルティングの生地は硬くて紐が縛りにくいです。なので、柔らかそうな布が使いやすいと思います!

ちなみに、レッスンバッグを作るときは生地がしっかりしているキルティングの方が向いていますよ~!用途によって生地も使い分けてみて下さいね。

ではでは、準備が出来たらさっそく作っていきたい所なんですが、その前に作る工程をお伝えしておきますね!

★巾着の作り方の工程は?

  • 生地を測って裁断する
  • 縫い代部分にアイロンをかける
  • 布の両端をギザギザ縫いする
  • 布の横部分を縫う
  • 布の下部分を縫う
  • 上部の縫い代部分を縫う

ざっくりとこんな流れで縫っていきますよ~。一応あたまに置いておいたほうが、やりやすいので全体的な流れは把握しておいて下さいね!では作っていきます。

  

スポンサーリンク

生地を測って裁断する

まず、用意した布のサイズを測っていきます。今回の巾着袋のサイズはこちらです

  

縦35cm+4cm(縫い代)=39cm

横(27cm+1cm)×2=56cm

ひも75cm
※ひもの長さは、巾着の横幅×2+18cm~20cm位が目安です。

  

サイズを測ったら、カットしていきます。が、生地に印をつける場合は布の向きに注意してくださいね!

  

まず、布に印をつけて長さを測っていきますがこの時に、絵柄に上下左右があるときは上下左右逆にならないように、布の向きに注意してくださいね。

柄が上向きだと◎

  

そして裁断する時は、布の一番端は直角になっていないので布から2cmほど間隔をあけて測ります。

  

布と紐を用意しておきます。

  

縫い代部分にアイロンをかける

まず、生地を裏にして上から1cmの縫い代部分のところでアイロンをかける。

そこからさらに、2cmの所で折ってアイロンする。

スポンサーリンク

布の両端をギザギザ縫いする

先ほど、アイロンした縫い代の1cm部分を折ったままで、左右の両端をギザギザ縫いかロックミシンでほつれないように処理します。

布の横部分を縫う

次に、布を左がになる様にして中表の状態にします。

※中表とは、布を半分に折った時の内側に柄の表がくることです。

こういう事です

上から6cmはひもを通す部分になるので、間隔をあけて右から1cmの部分を縫います。

上から6cmの部分は間違って縫わないようにしてくださいね!6cmの部分にマチ針をつけておくと良いです。

今、縫った1cmの縫い代部分を割る様にしてアイロンをかける。

縫い代をしっかりアイロンする事で、上部の縫い代を縫う時に縫いやすい!

次に、上部の縫い代部分を端から5mmぐらいの位置をコの字に縫う。

コの字に縫う時に写真の赤線部分はほつれないようにしっかり返し縫いをしておく!

布の下部分を縫う

布の下部を下から1cmの所を縫います。その時に下部の縫い代部分だけ同じ方向に倒して縫う。

スポンサーリンク

上部の縫い代部分を縫う

最後に上部の縫い代2cmの所でおり、下から3mm~5mmの所を縫う。

そして、布をかえして表にします。でも、その時に角がうまく外に出ない時があるんですよね~。

そんな時は、そのへんにあるマチ針や針を使って出してみると・・・

はい、きれい~!∩(´∀`)∩

そして、ひもを通してループエンドを通せば、はい完成~!(*´∀`)ノ

こういうシンプルな物だと思っていた以上に簡単にで来ますよ!

今回の巾着は簡単に作れましたが、作るときに気を付けて置いたほうがいいポイントがあります。そこだけ、最後に少しだけお話しておきますね。

巾着作りの気をつけておきたいポイントは?

  • 生地選びの時にキルティングは避ける
  • 柄に上下左右の向きがない生地の方が作りやすい
  • 柄に向きがあったら、裁断する時に向きに注意する

このへんに注意しておけば、ほぼ失敗なく作れると思いますよ((´∀`*))

まとめ

巾着作りは意外と簡単です!私も上のお兄ちゃんの入園前には3個~4個巾着を作らされた記憶があります(;・∀・)

今は、フリマアプリなどでも可愛い巾着が売っているので買ってしまいたくなりますよね。でも数が必要な時はお金がかかるので、自分で作った方が安いんですよね。

そして、子供も喜ぶと思います。なので、子供の為に可愛い巾着袋を作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする