親知らずの抜歯後の痛みはいつまで?私の痛みの原因と予防法をシェア

痛みにはけっこう強く、むだな我慢をしてでも薬を飲まずに自然治癒でなおすのが自慢のわたしです。

が、今回は薬なしではいられなかった親知らずの抜歯後の痛みの話をしようと思います。

先日、残された右下の最後の親知らずを抜きに行きました!

1年程前に、左下の親知らずを抜いた時にも痛みがあったから、怖くてなかなか行けなかったんですが、最後に残された親知らずが、ガッツリ虫歯になっていたので重い腰をあげ、歯医者にいきました。

その時の親知らずの抜歯後の痛みが一番ひどくてつらかったんです(´;ω;`)

でも、実は抜歯後の痛みをおさえるために出来る事が色々あったんですよ~!

なので今回は、抜歯後の痛みの様子対処法などをシェアしていきたいと思います。

これから親知らずを抜くよ!という方は痛みを長引かせない様にぜひ見て行ってくださ~い!

スポンサーリンク

 

親知らずの抜歯後の痛みはいつまで?安静にしていないとダメなの?

まず、基本的な情報をお伝えしておくと・・・・

  • 麻酔して歯を抜くだけの普通の抜歯の場合は3日~4日で痛みはおさまってくる。
  • 手術が必要な抜歯の場合は腫れとともに7日程痛みが続く場合がある。
  • 抜歯当日は、飲酒や激しい運動、長時間の入浴などは控え安静にしておく。

と言うのが基本なんです。もちろん、個人で痛みに差があると思いますが、私の場合は5分程度で終わったいたって普通の抜歯でした。

なのに、3日すぎたあたりから痛みがましてきて、5日目でピークに!

常に市販の痛み止めをのんでいたんですが、夜中寝ていると薬が切れて歯痛で起きる事も・・・(P´□`゚)

あまりの痛さに歯医者に行って薬をぬってもらいましたが、その後も痛みは変わらずで、結局かんぜんに痛みがなくなるまでは14日ほどかかりました。

なんで、普通の抜歯の私がこんなに痛みが長引いたのかと言うとドライソケットになりかけていたからかもしれないんです!
と、急に出てきたドライソケット!それ何?という方もいるかも知れませんよね。

なので、ドライソケットについては次の章でお話していきますね!

スポンサーリンク

抜歯後の痛みが長引く場合はドライソケットかも?

そもそもドライソケットとは何なのか?というと・・・

ドライソケットとは、抜歯後の傷に血餅(血液がゼリー状になったもの)がみられないために歯槽骨が露出し、傷に強い痛みがあることをいう。抜歯の偶発症で、下顎の埋伏智歯の抜歯後のものが多い。

通常の場合、抜歯後に麻酔が切れれば痛みがあるが、その後は次第に痛みが弱くなっていく。しかし、ドライソケットの場合は、2 – 3日後くらいから次第に痛みが強くなっていく。

引用元:Wikipedia

えっと、わかりやすく言うと・・・

普通は、抜歯した後のぽっかりあいた穴にはゼリー状の血の塊(血餅)ができます。これが穴にふさがる事で自然に治っていくものですが、ドライソケットはこの血餅ができないか、はがれてしまう事で骨がむきだし状態になってしまうんです。

このドライソケットになるとこんな症状に

  • 細菌に感染しやすくなる
  • 悪臭がする
  • 抜歯後3日後ぐらいから痛みが増す
  • 歯茎の穴が白っぽくなる

え?わたし・・・ドライソケットや~ん!(´;ω;`)

という事で、今回ばかりは、速攻で歯医者にいきました。
もし、ドライソケットの症状かも?と不安になった時は絶対に痛みを我慢せずすぐに病院を受診しましょう!

ドライソケットになると、痛みが長引いて治りもおそいので、絶対になりたくないですよね!じゃあ、ならない為にはどうしたらいいんでしょうか?

ドライソケットの予防法は?

ドライソケットにならない為には歯を抜いた穴を血餅でしっかりふさぐ事が大事なんです。なので、基本的に血流が良くなる事は避けましょう。

★抜歯後の注意事項
  • 抜歯後はなるべく勢いよく口をゆすがない。
  • 抜いた部分を舌や指でさわらない。
  • 飲酒・喫煙はしない。
  • 長風呂はしない。
  • 激しい運動はしない。

これらの事をうっかりやってしまうと、血流がよくなって血の塊が出来なくなってしまいます。なので、抜歯当日ぐらいは、この注意事項をしっかり守って安静にしておきましょう。

ちなみに、今回、わたしがドライソケットに近い状態になってしまった理由はというと・・・

  • 抜けた穴が気になって舌で触ってしまったこと。
  • 抜歯当日も変わらず、毎日の習慣でうっかり長風呂してしまったこと。
  • 勢いよくうがいをしてしまったこと。

はい、つい、うっかりやってしまったんです。なかなか毎日の習慣は変えられないですよー。と言っていると、私の様に地獄を見るので注意してくださいね(*;∇;)

まとめ

親知らずの抜歯後に痛みがずっ~と続くと、この痛みはいつまでなのか?何か異常な事がおこっているのか?ずっと安静にしているべきなのか?ほっといてもいいのか?

など、色々不安になってきますよね。なので、親知らずの抜歯後の痛みはどれぐらい続くものなのか?についてもう一度おさらいしておくと・・・

  • 麻酔して歯を抜くだけの普通の抜歯の場合は3日~4日で痛みはおさまってくる。
  • 手術が必要な抜歯の場合は腫れとともに7日程痛みが続く場合がある。
  • 抜歯当日は、飲酒や激しい運動、長時間の入浴などは控え安静にしておく。

ただし、ドライソケットになってしまうと、3日目ぐらいから痛みが増してきて痛みが消えるまで、2週間から長いと1か月ほど痛む人もいるようです。

親知らずの抜歯後に強い痛みが出たら絶対にがまんせず、早めに歯医者を受診してくださいね╭(๑•̀ㅂ•́)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする