子供が虫にさされた時の対処法

虫に刺された時の症状

子供や赤ちゃんが、虫に刺さされると、赤くなって、ものすごく腫れ上がります。

特に、まぶたが虫にさされると、目が開けられない程腫れ上がってしまうこともあります。

例えば、家にいて、蚊に刺されたとしても、大人と子供では、症状が違って、

子供の方が症状がひどい場合がほとんどです。

これは、虫が人の皮膚をさした時に体内に注入する唾液に対するアレルギー反応なのです。

大人は、子供の頃から虫にさされてきているのでアレルギーの抗体をもっています。

だから、大きな腫れはなく、比較的早く治るのですが、

子供は、抗体がなく、皮膚もやらかい為、赤くなったり、ひどく腫れ上がったりしてしまう

のです。

虫に刺された時の対応

まずは、何に刺されたのか確認しよう。どこで、どんな虫に刺されたのかを確認し、

それぞれの虫に刺された場合の対応、処置をしましょう。

とり急ぎの応急処置として、かゆみが強い場合は、患部を水で冷やしたタオルや保冷剤などで

冷やしましょう。その後、薬があれば使用しましょう。

虫刺されで避けたいのが、掻く事です。

とは言え、子供は、かゆいとついつい掻いてしまいますよね。でも、掻きすぎると、

傷ができそこから菌に感染して、『とびひ』になってしまうこともあります。

なので、とびひを防ぐ為にもしっかりケアしましょう。

血などがでていなければ、虫除けパッチなどで、掻くのを防ぐのもいいでしょう。

虫ごとの対処法

まず、『蚊』に刺されると、赤み・かゆみがでるので、タオルや保冷剤などで患部を冷やし

て、薬を塗りましょう。

次に『ブヨ』ですが、症状は、蚊に似ていますが、蚊よりも強いかゆみ・痛み・はれがでます。

ブヨの場合は、小さな出血点が残って、大抵、血がにじんでいることが多いです。

腫れは、1~2週間続きます。すぐに、病院を受診して、処方された薬を使う事を

おすすめします。

最後に『はち』ですが、痛み・赤み・全身にかゆみ・赤み・重症の場合は、頭痛や血圧低下

呼吸困難になる場合があります。

はちに刺されたら、まず針をピンセットや毛抜きなどで抜きましょう。ない場合は、セロハンテープ

や、バンドエイドなどの粘着性があるもので優しく取り除きましょう。この時、絶対に直接手で

針を触らないようにしましょう。毒を押し込む危険性があるので気をつけましょう。

その後、毒を水で洗い流したら、虫刺され用の薬をぬっておきましょう。そして、必ず病院を

受診しましょう。

まとめ

夏は本格的なレジャーシーズンです。山へキャンプやバーべキューに子供達を連れて行く事も

多くなると思います。そんな時、子供が虫にさされて大変な事になったら、そして、何の知識も

なかったらレジャーどころじゃなくなりますよね。子供を守る為にも、出来る限りの準備をして

思いっきり楽しみましょう。

シェアする

フォローする

コメント

  1. chanco より:

    ダニー!!!!
    怖いよね
    マダニじゃなくてよかったよー最近ニュースでもマダニで死亡した例がやってたから怖い怖いー!
    写真見て体がゾワゾワしちゃった笑笑

    • hanekko より:

      ほんまに、あせった。てゆうか、かゆくて、たまらんで。ダニは、布団乾燥機が一番みたいよ!撃退法をまたアップするね!