DIYの必需品ブライワックスを使ってみた!

DIYで何か作りたい!と思い立った時に、まず、何をどんな風に仕上げるか?なんです
が、はねっこのお家は、基本、『白』か、『木』で、アンティークに仕上げるのが、

好きなので、今までは、木を買って来て、ペンキで白にぬる。が、基本作業でした

が、白に塗るのが、ちょっと飽きてきたので、色んな、DIY雑誌を見て、新たに

挑戦してみたくなったのが、木の風合いをいかし、かっこ良くしてくれる優れもの

の、ブライワックスです。今回は、こちらに挑戦してみました。

ブライワックスとは?

ブライワックスとは、色つきの蜜蝋ワックスの事で、アンティークでかっこいい木目に

仕上げたい時に使う仕上げワックスの事です。

見た目は、黒いバターみたいで、常温では、固体で、温めると、液化します。

匂いもそんなにきつくないので、使いやすいです。

ちなみに、はねっこがお気に入りなのは、『ジャコビアン』と言う色なので、さっそく

塗ってみましょう。

ブライワックスの使い方

まず、木を、紙やすりで磨く。次に、ウエスか、スポンジにワックスを少量とり
塗っていく。

約30分くらい乾かす。乾いたら、ウエスやたわしで磨く。以上!これだけ!

とっても簡単です。あとは、自分好みの色になるまで、塗り重ねていきます。

はねっこは、深みのある渋めな感じが好きなので、3回は、塗り重ねます。

塗れば塗るほど、色も濃くなっていきます。

ブライワックスを使う時の注意事項

基本、木材を使ったりするときは、手袋を使う事をおすすめしま

¥木のとげがささったりワックスが手について、荒れたり、かぶれたりする可能性も
ありますので!

はい、わたくし、かぶれました!手袋をしてなかったせいで、かぶれました。

それも、手ではなく、目が!!

はねっこは、家事の時も、冬場も、手袋をいっさい使わないので、冬は、手があれあれに
なります。それでも、

手袋をはめるのがめんどくさいし、嫌なので、今回、ブライワックスを使った時も、

素手で作業していました。

ベランダで作業していたんですが、風が少しある日で、春だったので、花粉も

とんでいたのか、目がかゆくなって、ワックスがついた手で、掻いてしまったみたいです。

そしたら、その日の夜、お風呂に入っていたら、まぶたが、ひりひり痛かったんですが、

気にしないで、何もせず、次の日、朝起きると、まぶたが、真っ赤になって、はれていました。

わりと、人相がかわるくらいの腫れだったので、あせって病院にいくと、ワックスが原因だった

そうです。完治するまでに、1週間はかかりました。

これを教訓に、作業するときは、必ず、手袋・マスク着用するようになりました。

とは言え、オシャレ・かっこいい・アンティークに仕上がる、ブライワックスは、刷毛もいらず

お家にあるスポンジや、いらない布で塗れるので、お手軽簡単で、DIY初心者さんにも、もって

こいだと思います。気になっている方は、ぜひ挑戦してみてはいかかでしょうか?

シェアする

フォローする