おからパウダーダイエットの方法と効果!やせ体質になる方法とは?

おからパウダーがダイエットに良い!という事を最近知った私。

ダイエット中なのでおからを頻繁に食べていたんですが、おからパウダーの方が簡単に摂取できて、ダイエットにも効果的でしかも痩せホルモンが増えるらしい。

おからパウダーを食べ続けると、痩せやすい体になるんだとか!

そんな夢のような話を聞くと、絶賛ダイエット中の私が飛びつかない訳がない。という事で、おからからおからパウダーに切り替え、ダイエットに取り入れ始めました。

おからパウダーをダイエットに取り入れてから約2か月程になるので、おからパウダーでどのぐらい痩せる事が出来たのか?おからパウダーの効果的な食べ方などをシェアしていこうと思います。

スポンサーリンク

 

おからパウダーダイエットの効果は?

まずは、結果報告から行きたいと思います。

おからパウダーを食べ初めてからの体重の変化を見てみましょう!

ダイエットを始めてから、アプリで体重管理しているのでグラフでの結果から

3月初めの体重44.6kg

5月初めの体重43.3kg

おからパウダーを使い始めて2か月で、-1.3kgほど。

じわじわと痩せてきています。3月頃から動かなかった体重が徐々に減り始めたので、痩せホルモンとやらが増えたのか?これは、効果があるような気がします。

でも、実際におからパウダーにはどんなダイエット効果があるんでしょうか?

おからパウダーがダイエットに効果的な理由とは?

おからパウダーがダイエットに向いている理由を調べていると、なんと25kgのダイエットに成功したダイエット専門医の工藤孝文先生という方が、おからパウダーのダイエットの効果や理由をTVや雑誌などで語っています。

おからパウダーの本も出されています

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おからパウダーで!ガマンしない糖質オフ [ 工藤孝文 ]
価格:968円(税込、送料無料) (2020/5/21時点)

という事でここからは、工藤先生のお話も参考にして、進めていくとしますね。

おからパウダーがダイエットに効果的な理由は・・・

  • 痩せホルモン分泌
  • 食欲抑制効果
  • 腸内環境を整える

この3つの理由です!それぞれ、具体的に内容を見て行きましょう。

痩せホルモン分泌

おからパウダーを食べると、アディポネクチンというホルモンが分泌されます。
これが痩せホルモンと言われているものなんです。

アディポネクチンには脂肪を燃焼させる働きがあるからです。そのためテレビ番組などでは「やせホルモン」と呼ばれたりして、しばしば取り上げられているのです。
体を動かしてエネルギーが必要になると、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」が活性化されて、体内の脂肪をエネルギーとして消費します。また、筋肉にある酵素「AMPキナーゼ」も活性化されて、糖や脂肪をエネルギーとして活用しようとします。つまり、運動することで酵素が活躍して、脂肪が蓄積されるのを防いでくれるのです。 これに対してアディポネクチンには、運動を行わなくてもAMPキナーゼを活性化する働きがあります。運動をすればもちろん、しなくても糖や脂肪の消費をサポートしてくれるのです。アディポネクチンが分泌されていれば、脂肪を燃焼しやすく、太りにくいカラダになることが可能というわけです。

引用元:オムロン ヘルスケア株式会社 健康コラム・レシピ

運動しなくても、脂肪燃焼効果があるなんて、最高です!しっかり痩せホルモンを増やしたいところです。

食欲抑制効果

おからパウダーは、水を飲むとお腹の中で4~5倍に膨らんで満腹感が得られます。食事の時におからパウダーを摂って水分を多めに飲む事を意識すると、お腹がいっぱいいになって、自然と食事の量が減らせますよ~。

実際に私もやってみたら、ご飯を食べなくてもおかずだけでも満足できるようになって、食事の量が減りました!

腸内環境を整える

ダイエットをして食事の量を減らすと、お通じが悪くなっていたんですが、おからパウダーを摂り始めてからは、すごく調子が良く便秘知らずです。

おからパウダーは、大さじ2杯でなんと、レタス1個分の食物繊維が採れるんだとか!

という事でおからパウダーの成分表を見てみると・・・

可食部100g当たり

食品名 水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 食物繊維(総量)
大豆 1.5g 16.4g 17.9g
おから(生) 0.4g 11.1g 11.5g
おから(乾) 1.5g 42.1g 43.6g
レタス 0.1g 1.0g 1.1g

参考資料:日本食品標準成分表

成分表で見ての通り、おからパウダーは生おからや大豆よりも食物繊維が豊富なんです!食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、おからパウダーには不溶性食物繊維が豊富に含まれているんです。

この不溶性食物繊維には、便のかさを増やして便意をもたらして、腸内環境を整える働きがあります。

先ほど挙げた3つの効果があるおからパウダーは、ダイエットの味方と言ってもいいと思います!おからパウダーの効果がわかった所で、次は実際にダイエットに効果的な食べ方について、みていきましょう!

おからパウダーの食べ方は?

毎食時、スプーン1杯のおからパウダーを飲み物や食べ物にかけるだけです。おからパウダーは、粉なのでわざわざ料理にしなくてもかけるだけでOKなのでとっても便利なんです!

おからパウダーは、食べるとお腹の中で膨らんで満腹効果が得られるので、出来れば食事の前に食べておくと食欲が抑えられて食事の量を減らす事が出来ます。

ただ、飲み物食べ物にかけて食べるだけでもいいんですが、よりダイエットに効果的な方法があるんです。

ダイエットに効果的なおからパウダーの食べ方は?

  • コーヒーにおからパウダーを入れて飲む
  • ヨーグルトにおからパウダーを入れて食べる

おからパウダーとコーヒーやヨーグルトを一緒に採ると相乗効果で痩せ効果がアップするそうなんです。


おからパウダー+コーヒーの効果

 おからと組み合わせるコーヒーにも脂肪燃焼効果があり、アディポネクチンの濃度を高めることが判明されている。
「おからとコーヒーは最強タッグ。絶大なダイエット効果が期待できます」(工藤先生)

おからコーヒーは、コーヒーにスプーン1杯のおからパウダーを入れて飲むだけです。ただ、おからの粒が細かいものじゃないと、カップの底に粒が残って最後まで飲みずらくなるので、おからパウダーは、超微粉で溶けるものを使いましょう。

ちなみに、私が使っているのはこちら、何にでも溶けて使いやすくておすすめです

★おからパウダーヨーグルトプルーン入り


おからパウダー+ヨーグルトの効果

特にダイエットに効果的なのは、無糖ヨーグルト(大さじ8)におからパウダー(大さじ2)を混ぜる『おからヨーグルト』です。食物繊維豊富なおからパウダーと、乳酸菌やビフィズス菌が豊富なヨーグルトを一緒に食べることで、『天然のやせ薬』とも呼ばれる『短鎖脂肪酸』が増えて、脂肪や糖の吸収を抑えられます」(工藤先生)

私も毎朝食べています。ヨーグルトにおからパウダーを入れる場合は、粒が残っても全く気にならず食べられますよ~。

せっかくおからパウダーを食べるなら、一番効果がある食べ方をして脂肪を燃焼させていきましょう!

まとめ

おからパウダーダイエットの方法や効果のお話をしてきました。内容をもう一度おさらいしておきますね。

  • おからパウダーには痩せホルモン分泌・食欲抑制効果・腸内環境を整える働きがある
  • 食べ方はスプーン1杯のおからパウダーを飲み物や食べ物にかけるだけ
  • おからパウダーとコーヒーやヨーグルトを一緒に採ると相乗効果で痩せ効果がアップする
  • おからパウダーは粉の種類が色々あるが、粒が細かく何にでも溶ける方が使いやすい

おからパウダーを使ったダイエットは、続ければ今後も体重が減らしていけそうなので頑張って続けていこうと思います!気になる方はぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする