もち麦ダイエットの効果とやり方

もち麦って何?

ダイエットをすると言っておきながら、なかなか体重が落ちないはねっこです。

最近、もち麦ダイエット始めました。これで、ダイエットの勢いをつけたい

と思います。が、そもそも、もち麦ってなんなのさ?と言うことなんですが

まず、もち麦とは、大麦の一種で水溶性の食物繊維が米や小麦に比べ多く

含まれています。モチモチぷちぷちした食感が特徴で、かみごたえもある

ので、少量でも満腹感が得られ、ダイエットにも向いています。

もち麦ダイエットの効果とは?

もち麦に含まれている食物繊維は、『βグルカン』と呼ばれ、胃で溶けず

直接、腸に届いて、腸内環境をよくしてくれるのです。

さらに糖質・脂質の吸収を抑えてくれる働きがあるのでダイエットに効果的

なんですね。

そして、この『βグルカン』は、きのこ類にも多く含まれ、ガンの予防にも

効果が高いと言われています。

カロリーで見ても、150g当たりのカロリーは、白米253キロカロリー

玄米248キロカロリー、もち麦は198キロカロリーで、白米よりも、50

キロカロリーも低いんです!カロリーも量も抑えられて、一石二鳥ですね!

そして、なんとなんと、もち麦には、ミネラル・ビタミンも豊富に含まれている

ので、美肌効果もあるのです。これは、もう、毎日食べるしかないですね。

では、もち麦ってどうやって食べたらいいのでしょうか?

もち麦ダイエットのやり方

もち麦は、血糖や・一日のカロリーをコントロール出来るので、朝に食べるのが

理想ですが、3食に分けてもいいですし、2食でもいいです。だいたいお茶碗

2杯で(約300g)で一日の不足分の食物繊維を補えるので、この量を目安に

食べればいいでしょう。もち麦のカロリーが低いからと言って、食べ過ぎると

太りますので注意しましょう。

もち麦の炊き方ですが、メーカーによって様々ですが、わかりやすい分量だと

お米1合に対してもち麦50g、水100mlで炊き上がり目安が1.5合です。

炊き方は、お米1号をとぎ、炊飯器のメモリに合わせて水をいれ、もち麦50g

と水100mlを入れて、軽くかきまぜ、いつもどうりに炊飯して完了です。

お米を炊く量によって、もち麦の量も変えていきます。

もち麦は、茹でて、サラダ・スープ・ヨーグルトに入れたりと、色んな料理にも

使えて、手軽に食べれます。

プチプチした食感が、やみつきになります。子供も、喜んで食べてくれます。

ちなみに、もち麦ダイエットは2週間は続けないと効果が見られないそうなのです

が、2週間なんて、余裕で超えちゃうぐらい、はまってしまっている、もち麦さん

の効果を楽しみにして続けていこうと思います。

シェアする

フォローする